「エレクトロニクスで痛みの基を殺滅する」
「ヒト疼痛の全断痛」

 
世界初の新しい技術AWGの紹介です。

AWG (Arbitrary Waveform Generator) は医学博士松浦優之 (VMD, OMD, HSD, CMD, Ph.D.) が25年間の歳月をかけ研究開発した段階的波動発生装置です。このHPは、松浦博士によるAWG治療の研究機関、ペテスダメディカルのオフィシャルウェブサイトです。

AWGは、ガストン・ネサン博士のソマチッド理論に合致した世界初の新しい技術です。(詳細は「完全なる治癒ーガストン・ネサンのソマチッド新生物学」、クリストファー・バード著にあります)
AWGはアメリカ・ロシア・中国・カナダ・EA・メキシコ・香港・韓国など12ヶ国で国際特許取得、世界138ヶ国に特許出願済です。

AWGの発明は、波動治療装置における発振周波数を、コンピュータープログラムにより疾病の種類に応じて複数の発振周波数を自動的に選択し投射します。その投射方法は、疾病ごとに、周波数の波動を、ある一定の法則で変化させ発振し、治療磁場と不関磁場を作り、その間に弱電を投射し、治療効果を得るものです。

●生体細胞・組織の活性
●NK細胞の活性がUPし、免疫力が上昇する
●血液の弱アルカリ化
●血管の拡張
●血漿・リンパ混濁の浄化
●ウィルス、バクテリア、体内寄生虫のコアの破壊
●感染細胞内のDNAを破壊
●内分泌腺を刺激しホルモンを正常分泌
●生体内のDJVC抗原を作りだし免疫を一気に上昇させる
●脳幹を刺激してα波、βエンドロフィン、オキシトシンホルモン、メラトニン等の分泌を促す作用
●カルシウムパラドクスにより組織細胞内に沈着・付着したカルシウム、コレステロール、トリグリセイド等の硬化物を粉砕し、体外に排泄する
●ソマチッド充電
●疼痛緩和

癌・心臓病・脳卒中・糖尿病・肝炎などの代表的な慢性疾患他、約400種類の疾病に対し、その根本に作用し、有効な臨床結果も得ています。

04/08/05
ソマチッドビデオを公開しました。
クリック→ビデオ1 

「AWG」は魔術か、医術か?全摘後の乳房が蘇る「波動医学」の奇跡
俊成正樹著
2011年12月8日初版
社会派老ジャーナリスト、執念の取材調査であぶり出す!AWG=段階的素粒子波動発生装置とは何か?

「ガン呪縛」を解く
稲田芳弘著
2006年6月14日初版
において、AWG (Arbitrary Waveform Generator)が紹介されました。
3b期のガンを宣告された筆者が病院治療を拒んで千島学説的治癒の旅へ、そして1年…。さて、その結果は?
本をクリックすると稲田芳弘氏のHPにジャンプします

安保免疫理論と上野式代替医療でガンは治る-なぜ三大療法でガン患者は治らないのか?」
新潟大学大学院教授・医学博士 安保徹
日本臨床代替医学会理事長・医学博士 上野紘郁、共著
2004年9月17日初版
において、AWG (Arbitrary Waveform Generator)が紹介されました。
  

 (C)2003- PETESDA MEDICAL All Right Reserved.
 当ホームページに掲載の文章・写真・図版等の無断転載を禁じます。