IMAGE
ウィルスを滅殺する AWGの概要 体験者の声 ショートコラム FAQ 学術研究会

トップページ / AWGの概要/ AWG電子の細胞内修理
AWGの概要


AWGの概要
AWGとは・・・?
AWG電子の細胞内修理
AWG免疫
脳・脊髄・自律神経の活性化
ユージン・ジュール熱法則
ヒト罹病者の呪縛を解く
世界各国特許証

AWG電子の細胞内修理




特徴
AWGスーパー電子はレセプター蛋白分子チロシキナーゼ (PRTK)レセプターに受容され、酵素関連・酵素結合レ セプターを介し、細胞の末端の隅々のPRTK ファミリー分 子系の細部まで伝達される。この分子系の 最終段階でホスハチヂルイノシトールが電子を受容し、 病的細胞組織内の損傷・欠損部の修復をはかる。このホ スハチヂルイノシトールが細胞レベルで病巣部を治癒さ せる「修理屋」の役目を果たす。 また、このスーパー電子は上記のように細胞質細部まで 到達し、蛋白物質を矯正し、サイトカイン・シグナル伝 達経路に作用し、インターフェロンやインターロイキン を分泌する。また形質転換増殖因子を分泌し、チロシキ ナーゼなどの分泌を促し、細胞レベルで損傷部や欠損部 の患部を補修する。

ページのTOPへ
 (C)2003-2009 PETESDA MEDICAL All Right Reserved.
 当ホームページに掲載の文章・写真・図版等の無断転載を禁じます。