IMAGE
ウィルスを滅殺する AWGの概要 体験者の声 ショートコラム FAQ 学術研究会

トップページ / AWGの概要/ AWG免疫
AWGの概要


AWGの概要
AWGとは・・・?
AWG電子の細胞内修理
AWG免疫
脳・脊髄・自律神経の活性化
ユージン・ジュール熱法則
ヒト罹病者の呪縛を解く
世界各国特許証

AWG免疫


生物、特に人間にとって最も重要なことは、遺伝子分子生物学に基づいた免疫学である。AWG免疫の産生は、この遺伝子分子生物学に基づいて研究開発されたもので、新しい免疫の方策を得て理論決定され、実験を繰り返し、認証されたものである。これがAWGスーパー電子による多重免疫産生技術である。これは従来人類の免疫学上重要で、且つ安全な免疫産生技術として認識されるものと考察する。

この技術は、免疫応答細胞が電子を偽抗原ととらえ、多重免疫を大量に産生することが動物実験により認証された。この電子偽抗原方式は、人類の疾病の予防と治療双方に効力を発揮する「電子ワクチン」に成り得る可能性を秘めている。この免疫は生体コストが掛からず、生産に係るエネルギーや経済的コストも掛からない安価な臨床予防治療法として認識されるものと思慮する。

このAWG電子ワクチンは、従来のジェンナーの開発した種痘、パスツールが開発したコレラ・炭疽病・狂犬病に対する弱毒性ワクチン、北里柴三郎・ベーリングが開発した破傷風やジフテリアの血清療法などに匹敵する安全・安価で重要なワクチンになり得る。また、今まで不可能とされてきたアレルギー反応や移植臓器の拒絶反応などに対しても有効な治療・予防方法としての可能性が展望出来るようになってきた。


ページのTOPへ
 (C)2003-2009 PETESDA MEDICAL All Right Reserved.
 当ホームページに掲載の文章・写真・図版等の無断転載を禁じます。